"メイド・イン・インターネット"
"勉強が仕事"になる!(^_^)v

NOKYOKO.JP

*

"がらくたんののろい"

*

NOKYOKO

Definition:

のうきょう-すい【脳響水】
スライスした生の国産里芋の晒し水を煮詰めたもの。

ノウキョウコ-ウォーター(英 NOKYOKO Water)
「脳響水」の英字表記。

*

のうきょう-ちっぷ【脳響チップ】
水晒し後の里芋スライスを乾燥させたもの。

ノウキョウコ-チップ(英 NOKYOKO Chip)
「脳響チップ」の英字表記。

*

のうきょう-でぶり【脳響デブリ】
煮詰める際に除去されるもの。

ノウキョウコ-デブリ(英 NOKYOKO Debris)
「脳響デブリ」の英字表記。

*

のうきょう-こ【脳響粉】
脳響水を乾燥させたもの。

ノウキョウコ(英 Powdered NOKYOKO Water)
「脳響粉」の英字表記。

*

NOKYOKOスクリーニング(英 NOKYOKO screening)
#NOKYOKO反応(英 NOKYOKO Reaction)
# NOKYOKOスクリーニングテスト(英 NOKYOKO Screening Test, NST)
#NOKYOKO予想(英 NOKYOKO Conjecture)

*

研究用脳響水(英 NOKYOKO Water for Researchers)
"Colocasia esculenta"

*

Image:
脳響水
NOKYOKO Water

Type:

脳響水A(のうきょうすい えー)
英: NOKYOKO Water type A

.Color = "white"

脳響水B(のうきょうすい びー)
英: NOKYOKO Water type B
Alias:
NOKYOKO酸(のうきょうこ さん)
英: NOKYOKO Acid

.Color = "red"

脳響水C(のうきょうすい しー)
英: NOKYOKO Water type C
Alias:
希NOKYOKO(き のうきょうこ)
英: Dilute NOKYOKO

.Color = "clear"

Group:

ご当地脳響水(ごとうち のうきょうすい)
英: "localized" NOKYOKO Water

ブランド脳響水(ぶらんど のうきょうすい)
英: "bland" NOKYOKO Water

標準脳響水(ひょうじゅん のうきょうすい)
英: "standard" NOKYOKO Water"

自炊脳響水(じすい のうきょうすい)
英: "self" NOKYOKO Water

Method:

水晒し法(みずさらしほう)

揉み出し法(もみだしほう)

ハイブリッド方式(はいぶりっどほうしき)

*

Working Papers:

脳響水A、B概説(2011年9月21日)

「脳響水A」の使用方法(2011年9月30日)

「脳響水B」の使用方法(2011年10月8日)

「脳響水C」の使用方法(2012年3月3日)

自炊脳響水の作り方(2012年5月18日)

「脳響袋操(のうきょうたいそう)」とは(2012年12月24日)

「脳響水(のうきょうすい)」をご存知ですか(2013年1月9日)

標準脳響水の栄養成分表示(2015年2月14日)

お料理水の使い方~お手軽・簡単レシピ~(2015年3月18日)

標準脳響水の製造販売及び使用食品の原材料表示並びに"お料理水"に関するガイドライン(coming soon!)

脳響チップ」の使用方法(coming soon!)

脳響水のグループ(ご当地脳響水、ブランド脳響水、標準脳響水、自炊脳響水)(coming soon!)

脳響水の製法(水晒し法、揉み出し法、ハイブリッド方式)(coming soon!)

*

Requests for Comments(RFC):


いばキラTV キラびと 看護師 中西京子さん 2012/10/27(土)11:23~11:31

*

New! NOKYOKOスクウェア(英: NOKYOKO Square)|天下の台所(てんかのだいどころ)|"さといもがインターネットに光を当てる!"(2016年9月18日~)

NOKYOKO.JPロゴ

「ガラクタンの呪い」の温床となった「無知」や「無関心」、そして「無視」を社会からなくしていくために!
"勉強が仕事"になる!インターネットの新しい使い方「メイド・イン・インターネット」の実用化へ (^_^)v

*

New! ラクトース研究班 "いもいち2025"(英 Imoichi 2025)
*乳の中ではなぜグルコースが、ガラクトースと結合したラクトースになるのか?(2016年11月27日)

*

"いもいちの日"(英 Imoichi Day; 11月12日)
*みと・あかつかカンファレンス大発会/みと・あかつかの『いもいち』(2016年11月12日)

*

"「ガラクタン星人」陥落の日"(2016年11月12日)
*「ガラクタン星人」掃討作戦(2014年1月28日~)

*

"ガラクタンの呪い"インデックス(2016年9月3日)

*

「ガラクタンの呪い」撲滅キャンペーン 本日スタート!(2016年8月27日)
キーワード: "違法コピー", "コピペ", "STAP", "常識", "世界に一つだけの花", "出会いは学びであり、生きること"

*

国産さといもの新たな機能性探索のための産学連携・学術研究ネットワーク "さといもでイノベーションを!(2013年9月18日~2016年9月17日)"

司会: 福井テレビ 井上愛梨アナウンサー

講師: KKR 国家公務員共済組合連合会 水府病院 看護部長 看護師 中西京子

タイトル: 「2014 脳響水元年」記念講演 さといもに光を!~新しい食べ方「脳響水(のうきょうすい)」~|「日本人の『ガラクタンの呪い』」を解く!

キーワード: "脳響袋操", "病院力を、地域力に。", "メイド・イン・インターネット", "電子筆箱", "ガラクタンの呪い", "NOKYOKOウォーター", "芋名月に、餅なし正月。", "水戸黄門", "天狗党の乱"

*

心袋操
日時: 2014年10月12日 10:30~11:30
場所: 福井県大野市
主催: 全国さといも産地交流会「コロちゃんまつり 2014」実行委員会/テラル越前農業協同組合
共催: 大野市/勝山市/奥越農業振興協議会/福井県経済農業協同組合連合会/里芋生産者団体/農家組合長会会長連絡協議会
後援: 福井県
招待JA: 栃木県 JA全農とちぎ/埼玉県 JAいるま野/千葉県 JAかとり/新潟県 JA新潟みらい/富山県 JAとなみ野
富山県 JAアルプス/愛媛県 JAうま/宮崎県 JAこばやし/鹿児島県 JAあまみ

*

「日本人の『ガラクタンの呪い』」に学ぶ歴史的教訓:
デュアルユース(英: dual-use)
研究者、大学人に告ぐ!「デュアルユース」的発想を求む!社会に目を向けよ!
*日本学術会議は、我が国の人文・社会科学、自然科学全分野の科学者の意見をまとめ、国内外に対して発信する日本の代表機関です。(日本学術会議HPより。)

*

"ガラクタンの呪い"(英 "The Curse of Galactan")
定義:
さといもの「ガラクタン」という言葉についての無知や無関心から生まれた、「ガラクタンは脳細胞を活性化」という一文がメディアによって増幅させられ、一種の「呪文」と化した社会現象。

*

#1. 「アラビノガラクタンプロテイン」及び「アラビノガラクタン」測定法に関する疑義(2014年1月18日)
"Yariv reagent"; "ヤリブ試薬"; "ヤリフ試薬"
"ガラクタン", "AGP", "AG"

*

特別調査対象研究: 沖縄伝統食材「田芋」の疾病予防・健康増進作用(2016年7月19日)
*文部科学省および日本学術振興会が交付する科学研究費助成事業
研究課題/領域番号: 2470083; 研究種目: 若手研究(B); 研究分野: 食生活学; 研究機関: 琉球大学; 研究代表者: 宮良恵美(久場恵美 琉球大学医学部保健学科(琉球大学農学部生物資源学科) 助教; 研究期間(年度): 2012-04-01 – 2017-03-31

宮良恵美
琉球大学医学部 保健学科 血液免疫検査学分野

問題の記述:
*イオン交換(DEAEトヨパール650M)ならびにゲルろ過(Sepharose CL-4B)カラムクロマトグラフィーによりさらに分画した結果、
得られた分画は全てβ-glycosyl Yariv reagentに反応するAGPであることを確認し、分子量約60 kDa、140 kDa、180 kDaという比較的低分子量と1,500 kDaおよび1,900 kDaの高分子量AGPが存在することが明らかとなった。…
沖縄産田芋のAGPがこれまでに報告されているタロイモや里芋のAGPと同じくタンパク質を含有するタイプIIアラビノガラクタンであることを確認した。
*

調査協力: 埼玉大学/筑波大学/大阪府立大学

国立大学法人 琉球大学 大城 肇 学長ら関係者に照会(2016年8月23日)
*共同研究者(若手研究): 研究分担者; 連携研究者; 研究協力者

*

Attention!:
安西祐一郎
New! 独立行政法人 日本学術振興会(安西祐一郎 理事長;
慶応義塾 第17代 塾長) 研究事業部 研究倫理推進室に照会(2016年11月29日)
*学術研究フォーラム 第8回学術シンポジウム(2016年11月29日) 科学の健全な発展のために~誠実な科学者の心得~
**科学研究のよりよい発展と倫理の確立を目指し、現場の研究者や研究指導者の意識改革、研究者養成の考え方等について提案ないし議論を行うシンポジウムを開催します。
主催: 学術研究フォーラム/独立行政法人 日本学術振興会
共催: 国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)/国立研究開発法人 日本医療研究開発機構(AMED)

*

*特別調査対象者: 金子 哲(国立大学法人 琉球大学農学部亜熱帯生物資源学科 教授)(2016年7月12日)

金子哲
生物機能利用ユニット ユニット長

調査対象: 茨城県/茨城県工業技術センター/独立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 | 農研機構 食品総合研究所

調査協力: 埼玉大学/東京工業大学

New! (参考)農林水産省は、国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構等において、当省からの委託事業に係る研究費の不正使用(7,215千円)が行われていたことを確認しました。
このため、関与した研究者 金子 哲 に対し、当省の競争的資金等への申請及び参加資格を一定期間(4年間)制限します。(2016年3月30日)

*農林水産省からの委託事業における不正使用に関与した研究者及び不正使用した額

New! 国立大学法人 琉球大学 大城 肇 学長ら関係者に照会(2016年8月23日)
共同研究者(若手研究): 研究分担者; 連携研究者; 研究協力者

*

*アラビノガラクタン-プロテイン(AGP)は、
成長や分化など様々な生理現象に関わる植物特有の細胞外プロテオグリカン(糖鎖の大きい糖タンパク質)であり、
その研究には、AGP特異的に結合する低分子化合物であるヤリブ試薬が用いられてきた。
しかしながら、ヤリブ試薬がAGPのどの構造に結合するのかは、1962年のヤリブ試薬の開発以来、50年間不明だった。
今回の研究では、AGPの糖鎖に特異的に作用する複数の分解酵素を利用して糖鎖を特異的かつ段階的に刈り込み、
ヤリブ試薬が糖鎖主鎖のβ-1、3-ガラクタンに結合することを発見した。(生体物質:円谷・小竹)
Kitazawa K, Tryfona T, Yoshimi Y, Hayashi Y, Kawauchi S, Antonov L, Tanaka H, Takahashi T, Kaneko S(金子 哲), Dupree P, Tsumuraya Y and Kotake T (2013) β-Galactosyl Yariv reagent binds to the β-1,3-galactan of arabinogalactan-proteins.
Plant Physiol 161: 1117-1126

*

"ガラクタン"(G)の種類:

(A) "AGP";

例)サトイモ 他無数

*

(B) "AG";

(B-1) "β-1、4-ガラクタン"; "β-1, 4-結合"; "タイプⅠアラビノガラクタン"; "ペクチン性ガラクタン"
例)ジャガイモ, サツマイモ, サトイモ 他多数

(B-2) "β-1、3-ガラクタン"; "β-1, 3-結合"; "タイプⅡアラビノガラクタン"
例)コーヒー豆, 大豆, カラマツ 他多数

*

"金子=ヤリブ試薬事件"の経緯、時系列:

1. 琉球大学(沖縄県) --- 2. 茨城県工業技術センター茨城県) --- 3. 埼玉大学埼玉県

*

"児玉事件"(英: Kodama Affair)(第1次: 2014年5月29日; 第2次: 2016年7月29日; 第3次: 2016年11月18日)

不祥事の発覚を恐れ、茨城県工業技術センター(茨城県東茨城郡茨城町、センター長 武者 也寸志) 副センター長 児玉弘人農研機構 旧食品総合研究所幹部らと結託し、中西京子さん勤める水府病院を脅迫した事件。

児玉弘人
副センター長 児玉弘人

川本伸一
公益社団法人 日本食品化学工学会 専務理事 川本伸一
*農研機構 食品総合研究所 企画管理部長

New! (参考)農林水産省は、国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構等において、当省からの委託事業に係る研究費の不正使用(3,348千円)が行われていたことを確認しました。
このため、関与した研究者 川本伸一 に対し、当省の競争的資金等への申請及び参加資格を一定期間(3年間)制限します。(2016年3月30日)

*農林水産省からの委託事業における不正使用に関与した研究者及び不正使用した額

New! 調査対象: 茨城県商工労働観光部 産業政策課/いばらきコンテンツ産業創造プロジェクト

調査協力: KKR 国家公務員共済組合連合会水府病院/茨城県行政監査室(公益通報)/公益社団法人 茨城県看護協会

*

New! 特定調査対象学術研究団体: 公益社団法人 日本食品科学工学会(茨城県つくば市、会長 高野克己)(2016年10月23日)

高野克己
会長 高野克己(東京農業大学長)

*

特定調査対象研究機関: 国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 農研機構(茨城県つくば市、理事長 井邊時雄)(2016年8月1日)

井邊時雄
理事長 井邊時雄

調査協力: 農林水産省(農林水産技術会議)/文部科学省/日本学術振興会

New! 農研機構に照会(2016年8月24日)

*

#2. 「ガラクタンは脳細胞を活性化」に関する疑義(2014年1月28日)
"脳細胞を活性化", "脳の働きを活発にする", "脳の活性化を促す", "脳を刺激", "脳にいい"

*

A: テレビ放送番組ねつ造事件:

A-1. NHK総合 月刊やさい通信 9月号『サトイモ』
2011/09/25(日)6:15~6:45
(再放送)2011/10/03(月)16:05~16:35

月刊やさい通信 9月号 サトイモ

問題の会話:
(里中満智子):効率よく吸収されて、
(クリス智子):はい。
(里中満智子):こう、脳が活性化されるんだったらいいですよね。
(糸井重里):いいですよ。うん。
(クリス智子):そうですね。
(里中満智子):これ飲んだから明日仕事はかどります

*

"ねつ造王"

*

司会: 糸井重里クリス智子
ゲスト: 里中満智子

*

ナレーション: 鈴木麻里子
(発掘!あるある大事典Ⅱ)
撮影: 後藤一平
音声: 中村浩一
映像技術: 岩峅郁夫
音響効果: 吉元大介
編集: 坂口寿恵
ディレクター: 新宮通彰
プロデューサー: 福井茂人
制作統括: 合津聖司、宮田行春
(NHKエンタープライズ エグゼクティブプロデューサー 宮田行春)
制作: NHKエンタープライズ
制作協力: クリエイティブネクサス
制作・著作: NHK

*

放送番組内容検証作業再開!(2016年7月11日)

問題の発言:
サトイモの粘り成分の場合はですね。ガラクトースという糖質が結合していたガラクタンという成分が主体になってできています。
これがまぁ~、脳の構成成分になったり、エネルギーになったりということが考えられます。
イモの中では、ちょっと聞いたことないですね。はい。ほかにはないと思います。(関東学院大学 健康栄養学科 准教授 津久井 学)

トランスクリプト(2016年7月29日)

*

調査対象: NHKエンタープライズ/株式会社クリエイティブネクサス/関東学院大学

調査協力: 女子栄養大学/理化学研究所

*

"野菜に含まれることはとても珍しいのですが。
サトイモには 100g 中 200mg のガラクタンがあります。
"
平林 淳
平林 淳
国立研究開発法人 産業技術総合研究所 生命工学領域 創薬基盤研究部門 主席研究員
問題の記述:
ガラクトースは広く高等動物に存在する他、多くの無脊椎動物、一部の植物や微生物に存在するが、 一般に遊離した存在は知られていない。
高等生物(とくに動物)にほとんど特徴的な糖なのだ。(日刊工業新聞社 平林 淳 著『糖鎖のはなし』、2008年)

*平林 淳著『糖鎖とレクチン』(日刊工業新聞社、2016年)
一方、2015年4月に発足した日本医療研究開発機構(AMED)は2016年1月、米国立医薬品食品衛生研究所(NIH)と難病等を対象にした包括協定を締結し、そのなかでとくに糖鎖に注力する方針を打ち出した。糖鎖が大化けする時代の到来である。
ただし、糖鎖研究の躍進のために糖鎖に対する理解は欠かせない。糖鎖の深さと広がりをあらためて見つめ直すことが必要である。本書はそのために前著『糖鎖のはなし』をベースとして著したが、その際に新たなエッセンスを加えることにした。
レクチンの話である。なぜ、レクチンかは本書を読み進むことによって理解いただけるだろう。どうか最後までお付き合い願いたい。

調査協力: 埼玉大学/筑波大学/大阪府立大学/名古屋市立大学/自治医科大学/香川大学/信州大学/高知大学/愛媛大学/日本糖鎖科学コンソーシアム

*

New! 日本放送協会による公式見解(2016年10月21日):

2011年9月25日放送の「月刊やさい通信」へのお問い合わせの件ですが、
私どもで再度取材し、関東学院大学の津久井学准教授から以下の見解をいただきました。

----------------------------------------------------------------------------
①「ガラクタンの、加熱による分解について」
加熱するだけでは分解されないが、酸(例、レモン汁のようなクエン酸など)を加え加熱することで、
完全ではないと思われるが、加水分解される。

②「ガラクタンの、人体内での吸収について」
一般に人間の消化酵素では分解されないとされるが、実際には腸内細菌など(例、ビフィズス菌など)によって、
完全ではないものの、分解は受けると考えられる。
ガラクタンが分解してガラクトース(低分子)になると良く吸収される。
ガラクトースは脳の構成要素としてほかの糖に比べて高い優位性がある。
----------------------------------------------------------------------------
----

このような専門家の見解等を踏まえ、私どもとしましては、これまで申し上げてきたとおり、
放送内容を直ちに訂正しなければならないような状況には無いと判断しております。

*答弁者:
板野裕爾
板野裕爾
NHKエンタープライズ 代表取締役社長

*日本放送協会 経営委員会事務局長

湯川英俊
湯川英俊
NHKエンタープライズ 制作本部 情報文化番組部長
* 日本放送協会 制作局 生活・料理番組チーフ・プロデューサー
*
証人:
籾井勝人
籾井勝人
日本放送協会 会長

*日本ユニシス株式会社 相談役

*

石原 進
石原 進
NHK経営委員会 委員長
*公立大学法人 北九州市立大学 理事長

*

上田良一
上田良一
NHK経営委員会委員(常勤/兼 監査委員
*前 三菱商事株式会社 代表取締役副社長 執行役員
**NHKには、経営に関する基本方針、内部統制に関する体制の整備をはじめ、毎年度の予算・事業計画、番組編集の基本計画などを決定し、役員の職務の執行を監督する機関として、経営委員会が設置されています。
経営委員会は、放送法により、その設置および権限、組織、委員の任免、運営、議決の方法、議事録の公表義務等が規定されており、公共の福祉に関し公正な判断をすることができる、広い経験と知識を持つ12人の委員で構成されています。
委員は、国民の代表である衆・参両議院の同意を得て、内閣総理大臣により任命されます。

*

Attention!:
井伊雅子
井伊雅子
NHK経営委員会 委員に照会(2016年10月21日)
*国立大学法人 一橋大学 国際・公共政策大学院 教授

*

視聴者の声:

New! サトイモが脳を活性化する(2016年11月10日)
*脳で使われるエネルギー源は主にグルコースです。
視聴者の声
堀江秀樹
*堀江秀樹
**国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 果樹茶業研究部門 茶業研究領域 茶品質機能性ユニット ユニット長

*

Question:
*脳のエネルギー源はブドウ糖だけで、タンパク質や脂肪は利用できない?
*
人の脳は体重の約2パーセントほどですが、摂取する総エネルギーの20パーセント近くを消費しています。
しかし、脳のエネルギー源はブドウ糖だけで、タンパク質や脂肪は利用できないのです。
そのうえ、ほとんどブドウ糖を蓄えておくこともできません。脳は、四六時中働いていますから、常にブドウ糖を補給し続けなければならないのです。ちなみに、安静時でも一日120グラムものブドウ糖が必要です。
それゆえ、体のみならず脳にとっても砂糖やでん粉(ブドウ糖が多数結合している)などの糖質は必要不可欠な物質なのです。
特に、砂糖はでん粉より消化吸収が速く、小腸で瞬時にブドウ糖と果糖に分解・吸収され、数十秒で血液に取り込まれ、脳に送られます。それゆえ、脳の即効性のエネルギー源として優れているのです。
また、砂糖は、ストレスを和らげたり心身をリラックスさせる働きをする物質(β―エンドルフィン)や精神を落ち着かせる働きをする物質(セロトニン)の生成も促進させるとのこと。
疲れたとき、ストレスが溜まったとき、集中力を必要とするとき、素早い脳の活性化に砂糖は最適です。適度、適量の砂糖は、甘くておいしいばかりでなく、手軽で簡単な脳と体の栄養剤ともいえるのです。
*中西載慶(東京農業大学 名誉教授)「脳も体も砂糖が大好き」(独立行政法人 農畜産業振興機構 2013年6月10日)

*

*さ-とう【砂糖・沙糖】蔗糖を主成分とする甘味料。サトウキビからつくられる甘蔗糖とサトウダイコンからつくられる甜菜糖がある。
製法により含蜜糖・分蜜糖、精製の程度により粗糖・精製糖、色により白砂糖・赤砂糖・黒砂糖、加工形態により粉糖・角砂糖・グラニュー糖・氷砂糖などに分類される。
**しょ-とう【蔗糖】甘蔗(サトウキビ)からとった砂糖。今日では特に、サトウキビ、サトウダイコン、サトウカエデなどから工業的に採取される二糖類をいう。
化学式はC12H22O11 加水分解すると果糖とブドウ糖になる。砂糖の主成分で、食用のほか、分析用試薬にも用いられる。サッカロース。
***サッカロース(英 saccharose)=しょとう(蔗糖)
****サッカラーゼ(ドイツ Saccharase)蔗糖をぶとう糖と果糖に分解する酵素。生物界に広く分布する。 インベルターゼ。インベルチン。スクラーゼ。転化酵素。
*****か-とう【果糖】代表的な単糖類。果汁や蜂蜜に含まれ、また蔗糖の一成分でもある。左旋糖。
******ぶどう-とう【葡萄糖】単糖類の一つ。化学式C6H12O6 白色結晶で甘みは蔗糖より弱い。水に溶けやすく、還元性がある。
葡萄の果実や蜂蜜など広く生物界に分布し、人体の血液には約一パーセント含まれる。
生物組織中でエネルギー源として消費される。自然には光合成の結果生成され、工業的には澱粉やセルロースを希酸で加水分解して得られる。アルコール発酵の原料・医薬などに用いられる。Dグルコース。
*******グルコース(英 glucose)代表的な単糖類の一つ。化学式C6H12O6 甘みのある斜方晶系柱状結晶。最も重要な糖で、D型およびL型の光学異性体があり、D型だけが天然に存在する。D-グルコースを単に、グルコース、ブドウ糖ともいう。
高等動物の各組織のエネルギー源となるほか、工業的には医薬品、食品の甘味剤、染色・皮なめしなどの還元剤、発酵工業原料、分析試薬などに広く用いられる。右旋糖 うせんとう。

*

A-2. 関西テレビ 『発掘!あるある大事典Ⅱ』 あなたの眼は老けている!
志村けんプロジェクト ニッポンの健康食 脳を元気にするサトイモ
2005/10/23(日)21:00~21:54

New! 放送番組内容検証作業開始!(2016年8月31日)

発掘!あるある大事典Ⅱ

*

司会: 堺 正章、志村けん
アシスタント: 政井マヤ
ゲスト: 柴田理恵、千秋、インパルス(板倉俊之、堤下敦)

*

ロケ地:
愛媛県四国中央市

*

あるあるⅡ 老化より怖い目の異変が急増・事故盗難からアナタを守るマル秘衰え診断▽里芋で成績UP
あるあるⅡ (フジ=後9・0) 目の老化にスポットを当て、改善法を伝授する。ゲストはインパルス(板倉俊之、堤下敦)、千秋ほか。
いわゆる"老眼"とは違う、目の機能衰えに注目する。
目が老化すると、急に暗い場所へ行ったときに目が慣れるまで時間がかかったりといったことが起こる。
機能改善法や暗視力のチェック法を紹介する。
出所: 日本経済新聞(2005年10月23日)

あるあるⅡ 老化より怖い目の異変が急増!事故盗難からアナタを守る衰え診断▽里芋で脳力UP&血糖値改善
発掘!あるある大事典Ⅱ (フジ=後9・00)目の老化を徹底調査。視点の中心以外の場所が見えているかどうか"周辺視野"の老化度を診断テストでチェックする。
目のスクリーンといわれる網膜の血流が不足すると、両端から映らなくなり見える幅が狭まってしまう。
タオルを使った即席改善法を紹介する。
また、暗闇で物を見る"暗視力"の老化をチェック。瞳孔の周りにある虹彩筋を鍛えて、暗視力を改善させる簡単な方法を紹介する。
ゲストは柴田理恵、千秋ほか。
出所: 常陽新聞(2005年10月23日)

*

フリー百科事典 ウィキペディア 日本語版
New! Wanted!! "Librotyrannus"(2016年8月30日);
問題の記述: ガラクトース;
ガラクトース(Galactose)は別名脳糖ともいい、乳製品や甜菜、その他のガム、および粘液で見かる糖の一種です、。
また、ヒトの体内でも合成され各組織で糖脂質や糖タンパク質の一部を形成します。
エネルギーとなる食物で、栄養性の甘味料であると考えられる。
グルコース(葡萄糖)ほど甘くなく、またそれほど水に可溶性でもない。
名前の由来はギリシャ語で乳を意味する(Gala)からきている。

*これはこのページの過去の版です。Librotyrannus (会話 | 投稿記録) による 2005年10月23日 (日) 08:36 (個人設定で未設定ならUTC)時点の版であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。(フリー百科事典 ウィキペディア 日本語版
キーワード: "脳糖", "brain sugar", "脳糖代謝", "脳糖脂質", "Masasato4321"

*

手島節三
手島節三(逝去 享年80歳)
*名古屋市立大学 名誉教授
**ガラクトース[galactose] C6H12O6 分子量 180.16.
D-ガラクトースはセレブロース(celebrose)、脳糖(brain sugar)ともいわれる.(『化学大辞典』東京化学同人、1989年)p.465

*


調査報告書 「発掘!あるある大事典」調査委員会(2007年3月23日)

*

委員:
音 好宏(上智大学文学部教授)
熊崎勝彦(日本プロフェッショナル野球組織コミッショナー)
鈴木秀美(慶應義塾大学メディア・コミュニケーション研究所教授)
村木良彦(死亡)
吉岡 忍(作家)

*

提供:
発掘!あるある大事典Ⅱスポンサー企業
Kao 花王株式会社
"自然と調和する こころ豊かな毎日をめざして。"

*

調査協力: 花王株式会社/上智大学

*

New! レームダック(英 Lame-duck)(2016年11月15日)

濱田純一
濱田純一
BPO 放送倫理・番組向上機構 理事長
*前 国立大学法人 東京大学 総長

里中満智子
里中満智子

*BPOはNHKと民放連によって設置された第三者機関です。
放送における言論・表現の自由を確保しつつ、視聴者の基本的人権を擁護するため、放送への苦情や放送倫理の問題に対応する、第三者の機関です。
主に、視聴者などから問題があると指摘された番組・放送を検証して、放送界全体、あるいは特定の局に意見や見解を伝え、一般にも公表し、放送界の自律と放送の質の向上を促します。

*

*『発掘!あるある大事典Ⅱ』問題に関する有識者委員の「声明」(2007年2月7日)
里中満智子
*
里中満智子
里中満智子
*放送倫理・番組向上機構 放送番組委員会 有識者委員
キーワード: "報道の自由", "メディア規制", "公共放送", "放送法", "BPO 放送倫理・番組向上機構", ”一般社団法人 日本民間放送連盟

*

*放送法第3条「放送番組編集の自由」:
 放送番組は、法律に定める権限に基づく場合でなければ、
 何人からも干渉され、また規律されるものではない

*

New! タイトルマッチ "ねつ造王"決定戦 キックオフ!
『発掘!あるある大事典Ⅱ』 (ディフェンディングチャンピオン)VS 『月刊やさい通信』(チャレンジャー)
(2016年11月15日)

*

B. 書籍:

B-1. 則岡孝子『ひと目でわかる――あなたに必要な栄養成分と食べ物 決定版・食品パワーの完全ガイドブック』河出書房新社、2004年)
あなたに必要な栄養成分と食べ物
問題の記述:
ガラクタンは、炭水化物とたんぱく質の複合体で、血中脂質を減らして動脈硬化を防ぐ効果はすぐれています。
また、脳細胞を活性化してボケを防ぎ、免疫力を強化します。…
ガラクタンは、炭水化物とたんぱく質の複合体で、脳細胞を活性化してボケを防ぎ、免疫力を強化します。…
ガラクタンは、血圧やコレステロール値を下げたり、脳を刺激して老化やボケを防止する。…

*

ガラクタンを多く含む食品:
"さといも", "寒天"

*

ガラクタンのすぐれた働き:
"動脈硬化予防。", "免疫力強化。", "脳細胞を活性化する。"

*

知らないと危ない 栄養学 最新の話
*則岡孝子監修『知らないと危ない 栄養学 最新の話』河出書房新社、2014年)

*

則岡孝子
横浜創英短期大学(現・横浜創英大学) 名誉教授 則岡孝子

*

B-2. 吉田企世子監修『旬の野菜の栄養事典 最新版』エクスナレッジ、2016年)
旬の野菜の栄養事典 最新版
問題の記述:
独特のぬるっとしたぬめりは、たんぱく質と炭水化物が結合して生まれるムチンやガラクタンという成分によるもの。ともに水溶性食物繊維の一種で、ムチンには胃粘膜を保護して胃腸の機能を高める作用があります。
血中のコレステロールの上昇を抑えたり、がんのリスクを減らすとともに、脳細胞を活性化する働きがあるとされます。

*

吉田企世子
女子栄養大学 名誉教授 吉田企世子

*

B-3. 白鳥早奈英監修『最新版 知っておきたい栄養学』(学習研究社、2013年)他多数

*

高橋書店 シリーズ累計150万部突破!便利帳シリーズ
*"手帳は高橋", "高橋の日記", "高橋の家計簿", "高橋のカレンダー"

*

C. インターネット:

わかさの秘密

"無数"

*

New! キュレーション(英 curation)
*株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)代表取締役社長兼CEO 守安功からの一連の事態に対するお詫びとご説明(2016年12月1日)
WELQ/iemo/Find Travel/cuta/UpIn/CAFY/JOOY/GOIN/PUUL
**中西京子様
こちらCAFYサポートです。
掲載記事について、ご指摘をいただきありがとうございます。
CAFYは、ユーザーの皆様に記事を作成、投稿していただいているまとめ情報サイトです。
投稿内容の決定やピックアップなどは各ユーザーの判断でおこなっていただいているため、ご連絡いただきました内容につきまして、該当ユーザーに伝えさせていただきます。
このたびは、ご指摘くださいましてありがとうございました。
その他お気づきの点がございましたらご連絡いただけますと幸いです。
今後ともCAFYをどうぞよろしくお願いいたします。(2016年10月29日)
***中西京子様
こちらcutaサポートです。
掲載記事について、ご指摘をいただきありがとうございます。
cutaは、ユーザーの皆様に記事を作成、投稿していただいているまとめ情報サイトです。
投稿内容の決定やピックアップなどは各ユーザーの判断でおこなっていただいているため、ご連絡いただきました内容につきまして、該当ユーザーに伝えさせていただきます。
このたびは、ご指摘くださいましてありがとうございました。
その他お気づきの点がございましたらご連絡いただけますと幸いです。
今後ともcutaをどうぞよろしくお願いいたします。(2016年10月30日)

*

"オクラのネバネバにも効果がある!"(MERY)
*「ガラクタン」や「アラバン」は動脈硬化の予防や、脳細胞の活性化にとても効果があり、認知症などの予防やがん細胞などの抑制にも効果があると言われています♪

*

#3. 田島 眞ムチンは脳細胞を活性化」に関する疑義(2016年6月28日)
田島 眞
実践女子大学 学長
*日本食品科学工学会 顧問

問題の記述:
*さといものぬめりの主成分はムチンとよばれる糖たんぱくです。
ムチンはさといもや山いも、オクラ、なめこなどのぬめり成分に含まれています。
胃の粘膜を保護したり、肝臓や腎臓の働きを助けたりするほか、細胞を活性化して老化を予防するともいわれています。
脳細胞を活性化する働きもあるため、認知症予防にも効果的です。
*

調査対象: 実践女子大学/独立行政法人 農畜産業振興機構

調査協力: 日本女子大学/大妻女子大学

*

(参考)五明紀春 KNUダイエット 食材百科事典
ムチンには胃の粘膜を保護して潰瘍などを予防し、細胞を活性化して老化を遅らせる働きがあるとされる。

*

New! #4. 頭脳をつくる乳糖」に関する疑義(2016年10月21日)
"乳糖は脳細胞を活性化", "脳にいい牛乳", "脳の働きを活発にする乳糖", "脳の活性化を促す乳糖"
*「ガラクタンの呪い」の根源(英 The Nature and Causes of The Curse of Galactan)

宮原道夫
宮原道夫
一般社団法人 Jミルク 会長
*一般社団法人 日本乳業協会 副会長
**森永乳業株式会社 代表取締役社長

問題の記述:
*人は体の成長速度の割合に対し、脳の発達速度がとても早いのです。
脳や神経の発育には糖質が分解されてできるガラクトースが欠かせないといわれ、
人乳には糖質(乳糖)がたくさん含まれているのも、生命の神秘といえるでしょう。(2004年4月1日)

*
**人は脳の発達速度が体の成長速度に比べ速いため、乳糖が分解されてできるガラクトースが脳や神経の発育に欠かせないといわれています。
人乳に炭水化物(乳糖やミルクオリゴ糖)が多く含まれているのも、こうした生命の神秘といえるでしょう。

*

調査対象: Jミルク/日本乳業協会/森永乳業株式会社

調査協力: 東京化学同人/東京美術

*

折茂 肇
折茂 肇
乳の学術連合 運営委員会 委員長
*牛乳乳製品健康科学会議/乳の社会文化 ネットワーク/牛乳食育研究会
**我が国における牛乳乳製品の消費の維持・拡大及び酪農乳業と生活者との信頼関係の強化を図っていく観点から、
牛乳乳製品の価値向上に繋がる多種多様な情報を「伝わり易く解かり易い表現」として開発し、
業界関係者及び生活者に提供することを目的とした健康科学分野・社会文化分野・食育分野の専門家で構成する組織の連合体です。

***「病気にならない生き方」の著者、新谷弘実氏公開質問状(2007年3月27日)

*
*ガラクトース(英 galactose)単糖類の一つ。化学式C6H12O6 白色の結晶状物質。ぶどう糖と結合して乳糖の形で存在するほか、多糖類や糖脂質などの成分として広く存在する。
**にゅう-とう【乳糖】乳汁に含まれている二糖類の一種。哺乳類の乳汁に特有のもの。乳児には重要なもので、腸内にはいって乳酸となり、他の有害な発酵を抑制するはたらきがある。乳児食品の添加剤、医薬品に用いられる。ラクトース。〔遠西医方名物考(1822)〕
***ラクトース(英 lactose)=にゅうとう(乳糖)
****ラクターゼ(ドイツ Laktase, Lactase)ラクトース(乳糖)を加水分解してガラクトースと葡萄糖をつくる酵素。この酵素は乳糖ばかりでなく、糖以外の化合物からもガラクトースを遊離させる能力があるため、現在ではβ ベータ ガラクトシダーゼと広義の名前がつけられている。乳糖分解酵素。〔万国新語大辞典(1935)〕

*

"脳響袋操", "病院力を、地域力に。", "社会貢献委員会", "企業の社会的責任(CSR)", "コンプライアンス", "コーポレート・ガバナンス", "利益相反(COI)"

*

なぜ「ラクトース」はミルクの主要糖質となったのか?
(英 Why is Lactose a Dominant Saccharide in Milk?)
*Journal of applied glycoscience 52(1), 65-70, 2005-01-20 日本応用糖質科学会
齋藤忠夫
齋藤忠夫
国立大学法人 東北大学 大学院農学研究科 教授
*日本酪農科学会 会長
**ミルク科学分野で産学官で活躍できるパイオニア的研究者。乳酸菌研究および機能性ヨーグルト研究の第一人者。(東北大学スマート・エイジング・カレッジ東京
***乳製品中の有用成分とその機能性(雪印メグミルク株式会社 酪農総合研究所 広報『酪農研』 時の話題 NO.17-3 2012年2月3日)
すべての生物にとって最も重要な栄養成分はグルコース(ブドウ糖)です。
赤ちゃんに利用しやすいように最初からブドウ糖が入っていればすぐ利用できますが、やはり甘すぎるでしょうし、あらゆる微生物が欲しがります。
ここからが一つの学説ですが、ブドウ糖の左側(非還元末端側)にガラクトース(β1-4結合)が結合して二糖になりますと(何故β1-4なのか説明できませんが)、一気に多くの微生物の利用性が下がってきます。
左側のガラクトースは脳に使われ、右側のグルコースはエネルギーに使われると考えられています。
赤ちゃんはグルコースからガラクトースを作り出すのにエネルギーを使いますから、最初からあったら、脳の活動に必須のガングリオシドの中の糖鎖構造を作るのにすぐ使えるということでいわゆるready to useの考え方をしているかもしれません(スライド2)。
乳糖に関しては、この二糖を作り出すことができた哺乳動物だけが自然界の淘汰のなかで生き残ったのではないかと考えられます。
乳糖が甘くないのは、赤ちゃんは甘すぎるといっぱい飲めないからです。
また、これについては後述しますが、消化しづらいようにも作られています。これは、乳糖が小腸で全て分解吸収されずに、大腸に移行した際の乳酸菌の糖源となり、整腸作用に大切なのです。
これらのことは、やはり乳は食品であるということを教えています。
*
浦島 匡
浦島 匡
国立大学法人 帯広畜産大学 畜産衛生学研究部門 教授
*日本酪農科学会 副会長
問題の記述:
*乳仔期の肝臓の機能は成獣と同様であるとは限らない.
もしガラクトースの一部が乳仔の肝臓でグルコースに変換されないで循環していくとしたら、
それは脳内においてガラクトシルセラミドなどの脳内物質の素材として利用されていることが予想されよう.

調査対象: 東北大学/帯広畜産大学/日本酪農科学会/日本応用糖質科学会

調査協力: 一般社団法人 Jミルク/森永乳業株式会社/雪印ビーンスターク株式会社/カゴメ株式会社/株式会社ヤクルト本社
株式会社 明治/よつ葉乳業株式会社/雪印メグミルク株式会社

*

*ガラクトース-けっしょう ‥ケツシャウ【-血症】ガラクトースの代謝異常により、血液や尿中のガラクトース濃度が異常に高まる遺伝病。新生児期、乳幼児期に発症し、栄養障害や知能障害を起こす。

*

"乳糖不耐症"; "乳糖不耐性"

*

Question:
*乳の中ではなぜグルコースが、ガラクトースと結合したラクトースになるのか?

加藤陽治
加藤陽治
日本応用糖質科学会 会長
*国立大学法人 弘前大学 特任教授

*

谷口直之
谷口直之
日本糖鎖科学コンソーシアム 会長
*理化学研究所

*

#5. "メディアを使った研究不正" RFC2025 (2016年7月6日)
定義:
メディアにみる社会の無知や無関心につけこみ、科学の常識を無視し、進歩を阻む、職業倫理にもとる研究。

日経トレンディ 2010年12月号
日経トレンディ 2010年12月号 日経BP社
脳細胞を活性化する成分が含まれるとされる、サトイモから抽出したエキス「脳響水」を使った食品が増加。菓子やパン、めん類へと用途が広がる
*
*日本経済新聞社/日本放送協会/産業経済新聞社/茨城新聞社/常陽新聞社/TOKYO FM/Yahoo!辞書 他多数

*

中西京子
茨城新聞 (2013年2月1日)
サトイモ晒した「脳響水」 健康増進に注目 機能実証へ筑波大と研究
*サトイモは昔から体にいいとされ、脳を活性化し幼児の成育や認知症にもよいといわれる。健康増進につながるといい
*
*日本農業新聞 全国/北関東 他多数

*

"筑波大学新聞事件"(英: University of Tsukuba Press Affair)
筑波大学 広報刊行誌『筑波大学新聞』(編集代表 広報室教授 福原直樹)を編集する筑波大学新聞編集部当時: 編集長 原 啓一郎 読売新聞 東京本社)が筑波大学 生命環境系 坂本和一准教授らによる「メディアを使った研究不正」に加担し、筑波大学の名誉、信用を棄損した事件。
メディアを使った研究不正

里芋から作る「脳響水」 健康によいと注目 坂本准教授が分析進める『筑波大学新聞』(2013年4月8日)

問題の記述:
里芋には「ガラクタン」という物質が多く含まれている。ガラクタンは体内で脳のエネルギーとなる「ガラクトース」という糖質に変化するが、このガラクトースは脳を動かすために必要不可欠なものだ。
また、ガラクタンに含まれる「L-アラビノース」という物質は、小腸で砂糖の吸収を抑える効果があり、摂取すると血糖値を下げることができる。
*

調査対象: 坂本和一(サカモト カズイチ; Sakamoto, Kazuichi) 筑波大学生命環境系 准教授

坂本和一

共同研究 CDE24177 「モデル生物を用いたさといも有効成分による生理・薬理作用の研究」(国立大学法人 筑波大学)
「メディアを使った研究不正」の検証に伴い、「補足2」は無効(2016年7月12日)
全文ダウンロード(2016年7月20日)

調査協力: 筑波大学/名古屋市立大学/自治医科大学/香川大学/旭川医科大学

*

関連当事者:

江面 浩
江面 浩
筑波大学 生命環境系 教授
* 生命環境科学研究科長

*

白岩善博
白岩善博
筑波大学 生命環境系 名誉教授
*生命環境系長

*

吉田滋樹
吉田滋樹
筑波大学 生命環境系 准教授
* 講師

*

千葉智樹
千葉智樹
筑波大学 生命環境系 教授

*

福原直樹
福原直樹
筑波大学 教授
*毎日新聞社 客員編集委員

*

New! "同じ穴の狐"; "同じ穴の狸"; "同じ穴の貉"(2016年9月12日)

巽 圭子/吉村昭彦/大隅典子/藤田恭之/近藤 滋/本間謙吾/小林武彦
深川竜郎/神山美樹/長田重一/渡邊謙吾/服部一輝/塩見春彦/本田賢也
眞貝洋一/吉田 稔/荒木博之/小原雄治/本間美和子/堀 昌平/山本正幸
間野博行/水島 昇/林 茂生/郷 通子/町田泰則/佐藤 健/小安重夫
粂 昭苑/相賀裕美子/深水昭吉/花岡文雄/山本 卓/泊 幸秀/古関明彦
木村 宏/金井正美/西田栄介/新井洋由/武田弘資/三浦正幸/塩見美喜子
五十嵐和彦/田中啓二/原 英二/石川冬木/白髭克彦/一條秀憲/東山哲也
後藤由季子/富田泰輔/中島欽一/貝淵弘三/影山龍一郎/篠原 彰/渡邊嘉典
上村 匡/山本雅之/佐々木裕之/平尾 敦/菅澤 薫/石野史敏/濡木 理
斎藤通紀/中山敬一/夏目 徹/阿形清和/倉永英里奈/仲野 徹/月田早智子
高橋淑子

*

Episode:

"ぷらっとこだま"の罠(2013年9月21日)
乗車年月日: 2013/09/21; 乗車列車: こだま658号; 乗車区間: 名古屋 --- 東京; 発着時刻: 14:00 --- 16:47

*

"弱い犬ほどよく吠える"(2013年9月27日)

*

"裸の王様"(2013年12月20日)

*

"脳響水元年元日"(2014年1月28日)

*

"既知の事実"(2014年2月5日)

*

"ブルータス、お前もか"(2014年3月31日)
キーワード: "生命環境系", "柳澤 純", ”村山明子”

*

"研究者を信じてはいけない!"(2014年7月3日)

*

"天狗党の乱"(2014年10月12日)

*

"晴天の霹靂"(2015年3月7日)

*

"笹井芳樹さん"(2015年10月13日)

*

" 免罪符"(2016年7月27日)
機能性を活かした農産物の粉末化と新たな加工食品の開発
*愛媛県農林水産部農林水産研究所/愛媛大学農学部

*

"公知の事実"(2016年11月30日)

*

New! "メディアを使った研究不正"に関する特別調査報告書 2017 有限会社学術秘書(2016年8月9日)

*

特別協力:
国立国会図書館 調査及び立法考査局 農林環境調査室・課/文教技術科学室・課(科学技術室)

*

ガラクタン星人(英: Allien Galactan)

*

Journals:

農業いばらき 9月号 2012年
中西京子著「脳響水で脳も体も健康に~サトイモの新しい食べ方~『農業いばらき 9月号』(2012年9月1日)

*

現代農業 12月号 2012年
中西京子著「脳も体も元気になるサトイモエキス『脳響水』『現代農業 12月号』(2012年11月1日)

*

Newspapers:

NOKYOKO
脳響水を考案した中西京子さん。現在は水府病院の看護師として働きながら研究を進めている=水戸市赤塚の同病院
健康増進に注目 サトイモ晒した「脳響水」水戸の中西さん考案 機能実証へ筑波大と研究『茨城新聞』(2013年2月1日)

*

Internet TV:


#1. いばキラTV「キラびと 看護師 中西京子さん」2012/10/27(土)11:23~11:31

#2. いばキラTV 「いばキラEYE 「NOKYOKOプロジェクト」さん」 2013/3/24(日)11:20~11:27

*

Books:

中西京子著『脳響袋操~医療・健康増進を基軸とした日本経済再生モデル~(仮題)』(近刊予定)

NOKYOKO著『「根三つ葉根性」のどこが悪い!?(仮題)』(近刊予定)

*

Q&A:

里芋;
品種・部位、産地、栽培条件、収穫時期、保存方法

洗浄;
水の種類、洗浄方法、洗浄後の取扱

皮むき;
使用するピーラー、厚み、所要時間、皮むき後の取扱
NOKYOKO
ピーラー

スライス;
使用するスライサー、厚み、所要時間、スライス後の取扱
NOKYOKO
スライサー

水晒し(抽出);
水の種類・割合、水晒しの方法、水晒し後の取扱

水切り;
使用する水切り器、水切りの方法、水切り後の取扱

ろ過;
ろ過の方法、ろ過後の取扱

加熱;
加熱方法(温度、時間)、加熱後の取扱

冷却;
冷却方法(温度、時間)、冷却後の取扱

保存;
温度、光、賞味期限

成分;
糖鎖、たんぱく質、でんぷん

機能性;
保水力、矯味矯臭効果、色調補正

*

月刊やさい通信
NOKYOKO
NOKYOKO

*

Events:

"病院力を、地域力に。"
NOKYOKO Town Meeting
2012.4.22(Sun) Open!

*

Organisation:

NST(エヌエスティー)
NOKYOKO Support Team(NOKYOKOサポートチーム)

2012.8.6(Mon) Start!

*

Powered By "Made in Internet"

© 2016 Nakanishi Kyoko